アルファメールプラス道には……

朝から,アルファメールプラス、

は.

車で山間道路の上で、1段の1段は荒廃の路面はぼろぼろにつれて、人の体は車体が揺れ、車の後の塵煙渦巻く漫から来て、窓ガラスがすぐに細かい塵層、あれらのふと屋に落ちた層のほこり車の移動につれて、またゆっくり滑り落ち、積み重なってガラスの巢に象眼凹.ほこりの匂い、乾燥した土臭み、乾燥した野山の清新な香りがしました.はい、多くの日も雨が降っていないで、このかわきの尾根、山道はまたどうして清新な息があるでしょうか?たまには木の木々が立っている,それらは道の両側には緑のものがある、それは生命の存在である.彼らはゆっくりと窓からよろめく、横向きはそれを考えて、私は、このように、私は.自分の中に、実はずっと私達のこの干山枯れ嶺地方生存の植物の畏敬!自宅の小さい庭のあちこちあれらの立つ新疆楊、靑白い葉は風にブラシを鳴らし、私に感じて1首の歌の生命の賛歌、いつも思わず響く矛盾筆下のあの1株本のポプラの木……故郷をちりとり灣の山湾で、その灣ローリエ草、なんだかそれらは大自然に対してピッシリ山灣の恵み、派そんなにあまどころの草木を守るには、山湾美しい寂しさ、母のあの靑い海のように夢のようにツイスト、草の付き添いでローリエ下には.また、天候の年月は、それらの山の尾根梁溝溝坎坎いつかは育つ出馬花野草……ここの人、日々の来る日も来る日も、年には、これまでに自分が無限に愛している家を経営している.

私たちが行って行くところは町が町です.そこは、私にとっては完全によく知らない、私はそこへ行ったことがないから.でも私には感じないその見知らぬ、逆に、私は感じて私にそこのいくつかのものは熟知して、例えば、セメントで舗装したのは、長い街、街路店、店舗の戸口のプラスチック用具、バケツ、铁炉、つけ白帽の回族の老人、オートバイに乗っている若者を差し口笛、おばあさんは背が曲がる腰ぐらい、幹部の中年の人の手を後ろにゆっくり歩いた……早く聞いていて、その町の一部として庶民は移民の別の場所に移転、直覚は私に教えて、そこで暮らす高齢者が何を言っても故郷を離れたくないのは、私の祖父と祖母とはよく言って、彼らは若い人に行こう、良い闖へ行き、自分も早送り黄土の人は、どこも行きたくない……

名前の小村は名前の小村、道路はちょうど村の頭頂にある.ある人が降りて下車、車窓から統一建築モデルの庭を見て.車を降りて、村に向って、やはり、大きくない村は整然と劃一の庭、家.新農村建設プロジェクト中の一例.空が靑い高遠、小さな村には比較的静かけど、生活のざわめきにぼんやりと伝わってきて、子供の声に,鸡狗の鳴き声も、屋根の煙と、遠くに見える村が何本樹冠の大きい木.恍惚間、それは自分が生活していたと思っています