多くのアルファメールプラス夫婦が結婚して性愛法則

手をつないで一生のあの刻から、あなた達は共に生活の中で起伏して、1首の抑揚のソナチネのようにしていて、1首の抑揚の.夫妻二人の親密な時間は、この楽章でチャーミング律動、大ざっぱ数段階、1枚の性生活曲線図.

新婚ハネムーン期.新婚ホヤホヤ、若い夫婦が比較的に興奮、情熱も伴って緊張、不安や恐怖など情緒、女性より顕著.この段階では生活が活発になり、毎日1―2回.男性の体は敏感で、性的刺激に勃起しやすい、占有欲が強い;女性は性生活の中でもっと精神を求めます.

妊娠中の.胎児の安全性、大部分夫婦は妊娠後しばらく性生活に別れを告げた.しかし、欲望はうごめき、人を超しさせる.靑壮年の夫は抑えきれない性衝動、妻もホルモンレベルの変化につれて、妊娠中の性欲旺盛、セクシーで明らかにアップ.

『p』は末子期を育てる.赤ちゃんが産声をあげ,2人の世界を一気に打破され、喜びと同時にどうしても疲れを一身.多くの夫婦は、時間と精力がない、適切な空間があります.

中年の安定期.前戯、技術,週波数や姿勢などは基本的に固定してきて、性生活が安定.男性は依然として性に対してとても興味を持って、しかし回数はそんなに頻繁でなくて、もっと完璧に,アルファメールプラス、調和のとれた性愛に満足します.女性の性は、レベルが強くなり、35歳~40代でピークに達する.自分の体、自分の需要と恋人の需要をもっと多く知って、もっとリラックスして性愛に投入することができます.

50歳の後に反落期.男性ホルモン機能、女性卵巣機能の衰退、性ホルモン分泌低下、性生活頻度も低下している.しかし、アメリカ性専門家は、女性が50歳後には避妊の性欲を抑制する性欲が再放出され、性欲が強くなる可能性があると指摘している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です